日本一パチンコ好きな県民は? 47都道府県ランキング

Sponsored Link

人口10万人あたりで、パチンコの店舗数でもっとも多いのは鹿児島県――。

全日本遊技事業協同組合連合会の統計(2017年12月31日現在)によると、全国のパチンコ店は徐々に減少傾向にある。2017年は10,596店。10年前の2007年は13,585店だったので、3,000店ほど減っている計算になる。これを住民基本台帳による人口統計(2017年1月1日現在)をもとにすると、人口10万人あたりで10.7店から8.2店に減少したことになる。

パチンコのユーザー数も過去最低に
店舗数の減少に連動して、ユーザーも減っている。日本生産性本部の「レジャー白書2017」によると、2016年のパチンコの参加人口は940万人。前年の1070万人から130万人減少した。これは過去最低となっている。2010年から4年連続で減少し、2013年には1000万人台を割り込んでいたが、2014年には1150万人とやや回復した。しかし、2015年以降は再び減少に転じていた。
市場規模も縮小した。同白書によると、2016年が21兆6260億円で、前年の23兆2290億円よりも1兆6030億円減少した。2013年以降、減少傾向となっている。

中略

人口10万人当たりの台数で見ると

パチンコとパチスロの台数を人口10万人あたりで見てみると、
平均は3468台。もっとも多いのは宮崎県で5715台。

次いで、
鹿児島県(5237台)、大分県(5120台)、長崎県(4498台)と九州勢が続くが、
5番目には青森県(4491台)が入っている。

貼り付け元

http://bunshun.jp/articles/-/7387

田舎ではまだまだパチンコは人気コンテンツ、休みの日には駐車場一杯です!
悲観的になり過ぎかも!?