エウレカ2が稼働して欲しい気持ちの裏側

Sponsored Link

交響詩篇エウレカ2

この機種こそ
今年一番稼働するのでは?と
非常に期待していました。

導入から暫くたった
自分の地域の状況は・・。

閑散としてる・・。

自分は午前から午後にかけてしか
パチンコ屋に行けないので
夜の状況はわかりませんが、
それにしても寂しい。

ひとこと で言えば、

「終わってる」

ここでふと思いました。

なぜ、
自分はエウレカ2の稼働が上がって欲しいのか?

言い換えれば
店全体が盛り上がって欲しいのか?

自分が
エウレカ2に期待する気持ちの裏側には、
こんな気持ちがありました。

①原作好きや、前作が好きだった、
 知識が少なめのお客さんがたくさん来てほしい。

②深めのゲーム数で当たらず閉店、
 もしくは、朝からある程度回して欲しい。

③妙ゲーム数の台を自分が打てる機会が増える。

結局、
自分が期待値のある台を
掴むことができなくなってきた状況が
変わることを期待しているに過ぎないのではないか?

そこにエウレカ愛はあるのかい?

・・・あるけど、

それだけの理由で
がむしゃらに打つことはできません。

もう、
純粋にパチスロを楽しもう、
パチスロは娯楽だと考えている人は
5スロに行ってしまった。

ギャンブルとして
パチスロをする人は
これからも減るだろう。

この先、
20スロが
昔のように盛り上がることはないのかな?

そんな、
とりとめもなく
切ない気持ちになってしまった、

「エウレカ2といた、2013冬。」

おしまい

相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報