ロリポップチェーンソー ギコギコタイム突入!

Sponsored Link

この日も、仕事の疲れからか、
つい うっかりパチンコ屋に寄ってしまった。

打ったことのない機種でも打ってみようかと
5スロコーナーに行くと、

珍しい台がある。

パチスロ ロリポップチェーンソーとな。

藤商事が出した、何かの抱き合わせかな?

よく解らないので、ロリポップチェーンソーを調べてみる。

『ロリポップチェーンソー』(LOLLIPOP CHAINSAW)は、2012年6月14日に発売された、グラスホッパー・マニファクチュアが開発し、角川ゲームスが発売したXbox 360及びプレイステーション3用ホラーアクションゲームである。
2009年4月に角川ゲームスを設立したエグゼクティブ・プロデューサーの安田善巳が、盟友であるグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一と共に、ワーナーブラザーズとグローバルパートナーシップを締結。
2012年6月には、全世界60ヶ国以上もの国、地域で世界同時発売を行った。
2014年3月に、全世界累計販売本数が100万本を突破したことが発表されている。

Wikipediaより

ホラーゲームのようですね。

パチンコ・パチスロ界でホラーと言えば、
藤商事ということで、版権を取ったのではないでしょうか?(適当)

打ち始めたのはいいですが、

レア役があまり仕事をしないタイプの機種のようです。

打ってる感じは、
同メーカーのリングに非常に似ている印象を持ちました。

レア役でたまにCZには入るけれど、解除率はそれほどなく、
ゲーム数解除の方がメインみたいな感じ。

ART当たるまで打つと、

デンジャー柄

システムは、嫌いじゃない感じ。

スゴロクみたいなのがあって、危険マスでリプレイ引くと、
ロリポップという勝負魂が1つ消費されるシステム。

ギコギコタイム!!

引き次第で、いくらでもARTを伸ばせますね( 一一)

最初のARTまではツラかったのですが、

天国がループして、長く遊ばせてもらったので、
まぁよし。

それなりに面白いんだけど・・・・

パチスロに対するモチベーション自体が減退しているので、
なんとも。

相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報