一撃3,000枚規制実施でパチスロは5.9号機へ

Sponsored Link

自主規制最終段階へ

遊技通信様より

佐野慎一理事長は冒頭の挨拶で、パチスロ機を巡る一連の自主規制について言及。

「今後1,500ゲーム単位、時間にして約2時間以上は、
一連の指示機能が 続かないようにする規制を、
射幸性の抑制対策として行う。

これを5.9号機と呼ぶが、
これにより出っぱなしや、いわゆるハイエナ行為が抑制され、
短時間で 楽しく遊べる遊技機の開発が進むと思っている」

と、最終段階にある自主規制の概略を説明した。

5.9号機か・・・

純増2枚で1500ゲームが上限ということなのでしょう。

Sponsored Link

一撃3,000枚出すのも難しいですけど、
強制的にストップとなると、誤爆の夢さえ無くなりますね。

実際、現在の新基準機が、
時間的には、長く遊べるようになっているのは分かるし、
射幸心の抑制にも繋がっている気はしますが、

それ以上の対応を求められているのでしょうね。

まぁ、
上限を決めた分、割を通常時に振ってくれれば良いのですが、
設定1のペイアウトは昔と比べると右肩下がりですからね。

自主規制によって、ART機にも夢がなくなれば、
もう、打とうと思える台はなくなるのではないでしょうか。

結果
ノーマルタイプしか生き残れないとなれば、
それで良いかもしれません、パチンコ屋が遊ばせてくれるならですが( ゚Д゚)

いっそのこと、早く6号機になればいいのに・・。


Sponsored Link
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報