鉄拳デビルver.(山佐)が出てからのこと

Sponsored Link

一年ちょっと前くらいでしたかね、

山佐から
「鉄拳デビルver.」

p6689_1

が出ました。

この台が出て暫くしてからの評価は、
通常時がカラくてとても打ってられない。
という論調でした。

さらに、
デビルフリーズを引かなかった場合の
機械割が90%以下で勝負にならないと。

1/8192を引かないとどうにもならない・・・。

その後の状況はご存知のとおりです。

そんな
一撃に特化した機種ばかりが
お店に設置されています。

すごい確率のレア役を引いて、
上乗せしないと勝負にならない状況では
勝率が下がり、
収支が荒れるのは仕方が無いかもしれません。

しかし、
お店にはそんな一撃に特化した機種しか置いてないのです。
(Aタイプ除く)
一撃に特化しているばかりに
低設定でも誤爆が頻発し
高設定を入れる必要が無い。

設定に素直な台がいい。

この考え方は
プロやセミプロといったパチスロに
多くの時間を費やせる人たちの考えることであって

一般のお客さん(仕事帰りのサラリーマンなど)にとっては
ある意味
勝負の条件が(その筋の人たちと)平等に近づいたと言えるのではないか?
と思ったのです。

私はその

1/8192

に挑戦しようとはあまり思いませんが、

一般の人にとってはチャンスが増えたのではないか?
と思えたのです。

投資スピードは尋常ではありませんが。

最近
再び「エウレカ」タイプの
ボーナス+ARTの若干マイルド?な機種が
復活の兆しを見せていますが、
どうなるでしょうか。

設定が入って無くても
AT機よりはマイルドで、
そこそこの期待感(出玉感)が持てる台。

客離れが進む中で
どんな機種が生き残るのか

注目しています。

忍魂弐はもう客が飛んでいます・・。

おしまい

Sponsored Link