「POKKA吉田に 興味が湧いた日」

Sponsored Link

パチンコ業界のニュースを見ていると
しばしば「POKKA吉田」さんという人物の名前を見かけます。

最近ではスロマガサイトのコラムにも登場するようになったので、
それが、彼の文章に触れる直接のきっかけになったのですが、

私の興味があるようなパチンコ関連の題材を
取り上げてくれているので、

ブログでもやってたら読んでみようかな?と
軽い気持ちで
検索してみました。

すると、

「POKKA吉田のピー・ドット・ジェイピー 」

というサイトを
運営されていました。

コンテンツに飛ぼうとクリックしてみると、
 
 
 
 

( ゚Д゚)

 
 
 
 

パスワードを要求してくる・・。

ほうほぅ、有料なのか・・と思って、

「ご案内と挨拶」 を読んでみると、

2010年7月から有料に移行したようです。
ずいぶん前だな。
(それまでは無料で運営されていた)

まぁいい、

324円/月 位なら読んでもいいかな?なんて思いながら、

「入会の申し込み」を覗いてみると・・
 
 
 
 

( ゚Д゚)

 
 
 

半年契約で31,500円、
一年契約で52,500円が必要です(いずれも税込み)。

 と
 
 
 
 
 
む~り~、

絶対 無~理~。

すみません、
心構えが足りませんでした m(__)m

ということで、
サイトの会員には、
業界人でもないし、
価格も折り合わなかったので入会しませんが、

同じページに著書が何点か紹介されていたので、
そのうちの一番面白そうなやつを
アマゾンで調べてみました。

「パチンコがなくなる日」(主婦の友新書)

以下 アマゾン様 から抜粋

国民的娯楽、パチンコが消滅の危機に!?
パチンコ業界が抱える構造的問題を明らかにしつつ
「警察とパチンコ」「メディアとパチンコ」など暗部にも迫る1冊。参加人口1500万人、市場規模22兆円を誇る巨大パチンコ産業が、今過渡期に差し掛かっている。
このままでは「国民的娯楽」が消滅の危機に!?

パチンコ業界が抱える最大の問題は、パチンコを支える「庶民」がいなくなったこと。
社会構造の二極化による、パチンコヘビーユーザーであった中流層の空洞化や
改正化資金業法で消えるヘビーユーザー、そしてネットの影響。

さらにパチンコ業界が抱える構造的問題。
「警察とパチンコ」「民族とパチンコ」「メディアとパチンコ」

パチンコ業界では硬派・辛口の論客として知られ、メーカー・ホールなどの講演活動も多数行い、
業界人必読のWEBサイトも運営するPOKKA吉田 氏が、
パチンコ業界を厳しく論じる。

ちょっと古いけど、(2011.2)
面白そうだな。

中古で1円で売ってたので買うことにしました。
送料など合わせて260円くらいだったかな?

届いたら、年末年始にでも読もうかな。

って、

どんだけパチンコ業界に興味があるんだ ( ゚Д゚)

それにしても
あのサイト、

いい値段するけど面白いのだろうか?

興味あるなぁ。

おしまい

Sponsored Link
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報