ロストアイランドが好きな理由

Sponsored Link

初めて打ったときから
なぜか気に入ってしまった機種、

「ロストアイランド」by サミー

太陽みたいなのが光るとアツいわぁ

太陽みたいなのが光るとアツいわぁ

初打ちで勝てたということも
要因の一つではあると思うのですが、

なにか、

懐かしい
いい思い出のようなものを感じていました。

それは何なのかと
しばらく考えてみると
一つの結論に辿り着きました。
 

「 8ライン 」だ。

 
 

かれこれ20年以上前のことになるでしょうか、
私がパチンコをし始めて少し経ったころ、

液晶を搭載したパチンコ機が登場しました。
 

「麻雀物語」by 平和 です。

麻雀物語もかなり打ちました

が、

私があの頃
最も好きだった機種といえば、

これです
 
 
 

powerfull
そうそう、この盤面。

「フィーバーパワフルⅢ」 by SANKYO です。

この機種こそ
8ラインの元祖ではなかったでしょうか?

パワフル、最高でしたね。

複数ライン テンパイしたときの期待感、

オールフルーツのリーチで、
真ん中に 7 が止まったときのガックリ感、

当たった時の
夢々ちゃんの 雄叫び?
(ラッキーチャチャチャ、フィーバー!)

Sponsored Link

当時はラッキーナンバー制で、
盤面サイドにある数字のランプが3や7とか
7が複数ライン揃ったら
持ち玉遊技になったりするルールだったので、

リーチの形にも一喜一憂していましたね。

もう一つ言うと
オールフルーツなら 終日無制限 とか
超アツかった!

いろんなことを思い出しますね。

更には
実機を買ってアパートで打っていたこともありました。

これが うるさくてね、

近所迷惑になるので
スピーカの部分に
ガムテープを何重にも貼って防音に努めてましたね。

玉の循環も自分の手でしないといけないから
忙しいし、
玉って手入れしないと簡単に錆びてくるんです。

自立しないし
もうパチンコの実機は絶対買わない!と
教えてくれた機種でもありますね。

最後には邪魔になって
後輩に 面白いから あげるよと言って、
無理やり家まで持っていって置いて帰ったのも
懐かしいなぁ。

どれをとっても
私のバカだった青春時代の思い出の一部です。

あれ?

ロストアイランドが好きな理由?

そりゃ、
フィーバーパワフルと同じ
8ラインだからでしょ?

あの若き日の淡い記憶を
蘇らせてくれたからではないでしょうか。

ロストアイランドを打っていても、
ハイビスカスが通過することはありませんが、
(落ちてくると見せかけて、ピョイっと上にあがるだけ)

昔を思い出すには充分だったのです。

※ロストアイランドのタイトルで見てくれた方は すみません。
フィーバーパワフルの思い出が書きたかっただけなんです・・。

おしまい


Sponsored Link
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報