パチプロになりたかったのよ

Sponsored Link

私がよく見ている
パチンコ・パチスロサイトのの中に、

777ニフティ ってところがあるのですが、

その中に
パチプロのタッキーさんの実戦コラムがありましてね、

先日
そのタッキーさんのコラム内に
こんな言葉がありました。

  以下 抜粋
  ↓    ↓

「パチプロでも、
 こんな稼業とっとと辞めてしまいたいと 
 思っている人も中にはいるみたいだが、
 オレはその逆だ。

 昔からそうだが、
 とにかくずっとこんな暮らしをしたい一心で今日まで来た。

 一度だって、
 辞めようかなあなんて思ったことはない。」 

 ↑ 抜粋ここまで ↑

刺さりました、
私。

私も学生の頃からパチンコが好きで、

やることといえば

昼間は パチンコ、
夜は  ドリフト、
たまに バイト 

このループ率99% だったので、
勉強なんか全然してなかったし、

就職活動も
パチンコメーカーに行けたら良いなぁと
マジで考えてましたからね。
(実際に受けたことあり)

ちょっと話がそれましたが、

パチプロに憧れていたのは確かです。

でも、
現実的に考えると
その思いを貫くことって非常に難しい。

当時、
そこまでのパチンコのスキルもなかったですが、

まず、
親に言えない。
言う勇気がない。

私の場合 
親元へ帰って就職をしようと決めていたし、
それが、
親孝行のひとつの形かなと思っていたので。

Sponsored Link

そうすると
田舎ですので
親だけではなく「世間体」も出てくる。

私は生粋の日本人なので、
「世間体」にはめっぽう弱いんですよね。

パチプロみたいな自由気ままな生活、
たまには旅打ちなんかしながら
ふらふらしたいなぁ。
と思ってはみたものの、
(現在もその名残が残っていますが)

結局は
その時の大流というか常識に流されて

世間一般的には 「普通」の
それなりの企業へ就職して
日々を過ごしながら、

休日にはパチンコするという
ごくありふれた生活を送ってきたのです、
当分は。

その後は

転職を繰り返すわ、
実家は出て行くわで、

「世間体」なんてどこ行った?
そんな感もあるんですけどw

それは置いといて・・。

冒頭に書いた
タッキーさんの言葉って
読んだ瞬間にスゴいなと感じたんです。

パチンカー、スロッターなら誰もが?持っている感情

勝ってる時の
「俺って、パチプロになれるんじゃね?」

とか

「毎日パチンコして、遊びながら 自由に暮らせるっていいなぁ」

みたいな事を体現して
なお

ヤメようと思ったことがない。 

というのは
本当に好きだからできることなんだろうなぁ、と。

かつて
私もパチプロになりたかったことがありました。

でもそうするには、
単に好きなだけでなく、
相当の覚悟が必要なんだと思います。

私の場合は
その前に

スキル と 感情のコントロール 
が必要なのですけど( ゚Д゚)

おしまい


Sponsored Link
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報