ケンコウのススメ 参

Sponsored Link

会社の健康診断で
「便潜血」

胃腸科の病院へ
「大腸カメラ(大腸内視鏡検査)」

ここまでの流れは
前回までに書きました。

こんな記事①こんな記事②

で、
大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の検査に行ってきたのです。

検査 
前日からの流れですが、

前日は、食事が 朝 昼 晩 と、
箱の中に入ってセットされていて、
それ以外は食べてはいけません。

朝:おかゆ・卵あんかけ・味噌汁(赤だし)

昼:おかゆ・ふりかけ・澄まし汁

間食:ゼリー・ビスコ・ソフトクッキー(カロリーメイトみたいな)

晩:ポテトスープ

それと水分は水を十分に採る。

20時:下剤3粒

22時:スポーツドリンクみたいな味の下剤 250ml

これで前日の準備は完了でした。

私は普段から食事には
あまり気を使うほうではありません。

たまには
おいしいものを食べたいとは思いますが、
基本は粗食で充分、

あまり食事に時間をかけたくはありません。

できれば、
光合成で生きれないものか
と思うこともあります。

母親が、
これでもか!というくらい
食事を勧めてくる世代ですので、

実家に帰って食事をする度に

僕「もういいから。充分だから。」

母「いやいや、もっと食べにゃー。」

といった
攻防を繰り返しているのです。

現代人は栄養過多が作用して
必要のない病気になっているのでは?
とかなり本気で考えていますしね。

大袈裟ですが、

必要最小限の栄養を取ることによって、
体内に無駄な物質を残さないことこそ
健康への近道ではないか?

そのためには、
たまに絶食して体内の余ったエネルギーを
消費することも必要なんじゃないか?
と思います。

そう思うと、
今回の大腸カメラ(大腸内視鏡検査)による絶食も
いい機会を与えてくれたのかもしれません。

さて、

検査当日

7時:座薬(下剤)投入(自宅で自分で)
  
20年ぶりに入れる。

Sponsored Link

9時:病院到着

個室へ入ってひたすら下剤2ℓ(意外とおいしい)を飲む。

テレビや本を見ながら、
トイレへ往復6回くらい。

既にアナルの使用限度を超えていると思う、
ひりひりする、痛い・・。

物体の色が
だんだん茶色→黄色→薄い黄色→水? 
もうただの液体である。

アナルも極限突破してるし
出し尽くした感があるところで

14時:大腸カメラ(大腸内視鏡検査)検査開始

下半身は特製のパンツに履き替える。
お尻だけぱっくり穴の開いたヤツ。
(恥ずかしい)

ベッドに横たわって

筋肉注射を打つ(腸の動きを止めるため)
軽い麻酔を打つ(意識を少し朦朧とさせるため)

そして
カメラ挿入 in アナル

挿入自体は痛くはなかった。

もっと言うと、
気持ちよくもなかった。

腸のカーブにカメラがぶつかるのが変な感じ、
これは若干痛い。

約50分後 つつがなく終了。

予想より長い間、
腸の中を見てくれました。
(後で聞きましたが、私は大腸が異常に長いらしい)

15時:点滴(約1時間)栄養補給のため

16時:結果発表

このようなスケジュールで
検査は進んでいき
無事に終了しました。

大腸カメラを受けることになった時点で、
本人(私)が考えたこと。

それは
大腸ガンだったらどうしよう?
ということでした。

もし大腸ガンだったら・・・。

娘や家族はどうなるだろうなぁ?

仕事は続けられるのかなぁ?

住宅ローンはチャラになるのかなぁ?

嫁姑問題は解決するのかなぁ?

もう、
パチスロもできなくなるのか~? ←

もしガンでも、
早期発見なら、
少し切って済むかもしれない。

雨上がり決死隊の 宮迫さん(彼は胃ガン)だって、
すぐに退院して仕事復帰してたじゃん。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)をすることになってから、
漠然とそんなことを考えてはいたのですが、

結局

結果が出てから考えよう、
先回りして考えても仕方ないし。

という
いつもの結論に落ち着きました。

ちょっと長くなりましたので

検査結果は 次回に。

おしまい


Sponsored Link
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報