無職で貯金が尽きる時 妻子ありVer.

Sponsored Link

大きな声では言えませんが、

私は
5回も転職をしています。

現在所属している会社に
拾ってもらう前の半年間は、

ありがたいことに
次の会社が見つかるまで、

その前に務めていた会社に
アルバイトということで
お情けで使っていただいてました。

アルバイトの傍ら
職安(ハローワーク)やネット、
無料情報誌、新聞広告をチェックして

最初のうちは
自分の条件を最優先して
履歴書を送ったり、
面接を受けたりしていました。

実際、
職安には求人はたくさん出ています。

しかし当時は
買い手市場で、

職安の求人票は、
企業の広告よろしく

採用する気はほとんどないのに多人数募集するといった
悪質な企業も存在しました。

そうして集めた履歴書を
キープしておいて、

本当に人材が必要な時期に
目ぼしい人のみ面接してみようかな?
そんな対応をされることが多かったのです。
(こっちは中途採用で急いでるのに( ;∀;))

履歴書を提出してから
1ヶ月以上返事がないことすら当たり前。

大きい企業はそういうものかもしれませんが
すこし名の知れたところはそうでした。

もちろん
私の年齢も苦戦する大きな要因だったでしょう。

当時30代後半であり、
それまでにも幾度かの転職暦あり、
そんな人材。

私が経営者であっても、
選ぶとすればもっと有望な若者のほうがいい
と考えるのが普通の成り行きでしょう。

もう、
新たな人材としての賞味期限は切れかけているのです。

厳しいですがそれが現実。

でも、
何とかしなければならない。

そんな状況の中で
転職活動をしてはみるものの、

私的に
優先順位の高い(安定していると思われる)
大きめの企業からは連絡はないし、

ただ
連絡を待っているうちに時間は過ぎていく。

待っている間にも
家族での生活はお金がかかるのです。

毎月の
国民健康保険や年金はかなりの負担になります。

私には
家族を食べさせていく責任がある。

しかし、
貯金は減っていくばかり。

「無職で貯金が尽きる時」

が近づいてきている。

それは私にとって
恐怖 以外の何者でもありませんでした。

多少 資格もあるし、
楽観的にどこか採ってくれるだろうと思っていた自分は
いつの間にか焦りの塊になって

夜も寝付けないことが何度もありました。

これから どうなるだろう?
兎に角 不安が襲ってくる時間が多くなりました。

あの時のことは
今も
忘れられません。

幸い、
いまの会社にタイミングよく拾っていただいて
現在に至っていますが、
(中途の場合このタイミングが最も重要なので、
チャンスを逃さないことが重要です)

この出会いがなければ
今頃 私は
どうなっていたのか分かりません。

そして
採用してくれた現在の上司には
感謝してもしきれないですし
本当にありがたいと思っているのです。

あれ?

こんなこと書くつもりじゃなかったんです
本当は。

書こうと思ってことはこちら

↓     ↓

勝手に一方的にリンクさせて頂いている

ごみ太郎さんの
「ごみギャンブラーの皆ゴミ拾い」

というブログが好きで読ませて貰っているのですが、

この度
退職金を使い果たし、パチンコ・パチスロを
打たない旨の記事がありました。

(知らない方はおられないと思いますが
もし知らない方がおられたら
ゴミ太郎さんのブログを見て欲しいです)

その後、
その内容に新展開がありまして、

人気ブログでファンも多いものですから、
新しい方向性に賛否両論あって
いろんなコメントがありましたね。

私が思ったのは、

純粋にこれからも
ブログを読みたいので応援していこう、
ということです。

ゴミ太郎さん
このブログにもコメント頂けたりして
とても嬉しかったですしね。

あと、

まだ貯金を残していたなんて、
やっぱり さすがです、
やりますね。

私とゴミ太郎さんでは境遇が全然違いますけど、

無職で貯金なくなったら、
そりゃツラいよね、

というか
私はツラかったのを思い出して
冒頭のようなことを書いてしまいました。

とにかく
ゴミ太郎さんは
まだ貯金があってよかった。

最後になりますが、

ゴミ太郎さんには
新しい挑戦をがんばって欲しいですし、

またブログを書いてくれる
それだけでいいので

これからも
応援しています。

おしまい

相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報
相互リンク & 巡回先サイト様 更新情報

コメント

  1. ゴミ太郎 より:

    ありがとう!

    • ごるじろー より:

      ゴミ太郎さん

      勝手に記事書いてすみませ~んw
      許してもらえると思って・・。

      新章も楽しみに読ませてもらってますので
      頑張ってくださいね。

      コメントありがとうございます。